彼氏のバイクの後ろに乗るステキな女性に告ぐ!(冬の服装編)




それでも可愛い服を着たいのが女の子。

でもちょっと待って!そんな恰好じゃ絶対寒い!

どんな服装が適切かお話していきたいと思います。
スポンサーリンク


バイクの後ろに乗る女子の服装について

冬は基本的に寒くて当たり前だし、あったかいコート着るよ?!

って思ったそこのあなた!バイクの冬の寒さを舐めてもらっては困ります(笑)

寒い気温の中、冷たい真冬の風を切って走ると言う寒さ地獄、尋常じゃありません。

そこで寒さに弱い私がお勧めする温かくてお洒落なアウターをご紹介したいと思います。

レザーダウンジャケット

皆様ダウンは着られると思います。ですがカナダグースダウンも有名で温かいのは間違いないですが、私が実際に着用してみてレザーダウンの温かさは本物です(笑)

レザーは風を通さない機能性としては抜群ですが、保温性は実は殆ど無いんです。

ですがその風を通さないレザーにダウンが入っていたらレザーの良いところとダウンの良さの融合!!

インナーはそんなに厚着せずともレザーダウンが有れば寒い冬でもへちゃら!

レザーダウンを販売しているのはバイクブランドに限らず、色んなブランドが出しているので自分のスタイルに合ったものを選んでみるのが良いかと思います。

私はshellacというブランドとAVIREXというブランドのレザーダウンを着用したことがありますが、どちらも真冬のバイクの寒さを凌ぐには心強い相棒です。

AVIREX アビレックス レザー ダウンジャケット メンズ SHEEP DOWN JACKET シープダウンジャケット 革ジャン ミリタリージャケット 6181057

created by Rinker

スポンサーリンク


ヒートテック

バイクに乗らない人であってもヒートテックを着用される方は多いと思います。

ユニクロなども毎年冬の時期になると販売しますが、私がお勧めしたいのは、シティー用のヒートテックではなく、ガチのやつ!!(笑)

と言うのは、アウトドアなど山などに行かれる方たちが着るブランドのヒートテックをお勧めしたい。私はmon-bellのヒートテックとcolumbiaというブランドのヒートテックを愛用しています。

どちらもアウトドアブランドして、とても有名です。

確かにユニクロ等に比べて値段は何倍もします。ですが冬を乗り切るにはアウトドアブランドの物を選ぶといいかなと思います。

2枚以上購入で送料無料!30万枚突破!楽天1位■裏起毛トップス 暖か裏起毛カットソー タートルネック Uネック Vネック 2way トップス 裏起毛 インナー カットソー ヒートウェア【2枚可】

created by Rinker

こちらは類似商品です。

電熱ジャケット

電熱ジャケットってなあに?と思われる方、多いと思います。

何故ならバイク有りき!の商品だからです。

このジャケットを着るにはバイクの方にも加工が必要ですがバイク屋さんにお願いすればそんなに大掛かりなカスタムにはなりません。

要はバイクのバッテリーから電源をもってきて、バイクと電熱ジャケットを繋ぐのです。

この電熱ジャケットの仕組みは簡単に言えば着る電気毛布。

ジャケットの中に電熱が通してあるので、発熱する仕組みです。

昔電熱ジャケットが出た当初は電源のオン、オフしかない物が主流でしたが、あまりの温かさに低温火傷をする人が続出し、温度を調節できるスイッチが付いたものが主流になりました。

アウターとして着る物が殆どでしたが、今日ではインナーとして着られる薄い作りの物が主流になりました。私も電熱ジャケット愛用していますが、この商品に至っては温かいどころか、こたつに入りながらバイクを運転している感覚で、うっかりすると眠くなります(笑)

これはジャケットだけにとどまらず、パンツやグローブ、ソックスまで有ります。

全てコードで繋げられる様になっているので、フル装備をすれば、まさにこたつでバイク状態です。

あえてデメリットを上げるとすれば、値段。ジャケットとパンツで10万円ほど。

それにバイクの方にも電源を引いてくる加工代も乗ってきます。

しかし、この電熱グローブはライダーにとって手が冷たくてクラッチを握る感覚が無くなった!なんてお悩みも即解消!

バイクに加工はしたくない人用に、グローブだけであれば、充電式の物も販売されています。

しかし充電のバッテリーがそんなに長くはもたないので、行きは良いけど帰りは寒~い!ってことも有るかもしれません。

【送料無料】バイクやゴルフや釣りに 最新 電熱 ベスト 電熱ジャケット 防寒 USB 加熱 バッテリー給電 3段温度調整 5つヒーター 男女兼用 水洗いでき しわなし 防寒 ブラック

created by Rinker

スポンサーリンク


冬にバイクに乗る装備は最優先事項!

冬でも快適にバイクに乗るにはそれなりの装備がなければ乗れません

温かくて、それぞれのニーズに合った服装を選んで最後まで楽しく安全に帰って来ましょう!

ファッションをさらに楽しみたい方にはこちらもおすすめ↓