クラウン購入層の年収目安は1,000万円!?乗れる人の特徴

イラスト
イラスト

クラウン=高級車のイメージは未だに残っていると言えるでしょう。

特に40代以上の男性たちは「いつかはクラウン」のフレーズが頭に残っているのではないでしょうか。

 

車の購入予算の目安は年収の半分程度とよく言われます。

 

そう考えるとほとんどの人が新車では買えなくなってしまうと思いませんか。

実際には毎月の維持費を支払うことができれば、クラウンも購入することは可能です。

 

今回はクラウンの購入をしている人たちの年収やどんな人が乗っているかについてお話ししていきます。

クラウン購入層の年収は1,000万円とは限らない

クラウンエクステリア
出典:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

結論から言えば、クラウン購入層は高所得者だけではありません

車の購入予算の目安として年収の半分以下という話があるので、それを目安にすると1,000万円は必要な試算となります。

 

クラウンにはいくつかのグレードがありますが、おおよそ500万円を目安にするといいでしょう。

この倍の年収がなければ購入は難しいと考えるべきなのです。

 

しかし、実際には1,000万円ほどの年収は必要ないでしょう。

 

そもそも年収が1,000万円以上もある人なんて日本には4%しかいません。(国税庁の民間給与実態統計調査より)

たった4%の人にしか売れないのでは、採算がとれませんよね。

 

実際には中古車を買ったり、ローンを利用したりして新車で購入している人がいます。

 

したがって、クラウンを購入する人の年収はこれぐらいだと一概に決めることはできません。

最低でも毎月の維持費を捻出するだけの経済力があれば、クラウンを買っても問題ないでしょう。

 

クラウンの購入は貯金をすれば、年収が多くなくともできます。

 

しかし、クラウンには高級車としての世間のイメージがあります。

そう考えると、あまりにも生活費の多くを車にかけてしまうのは格好悪いと言えるでしょう。

またクラウンなら洗車もこまめにしてキレイにしておきたいですね。

 

汚れていると持ち主のイメージダウンにつながります。

 

たとえ中古のクラウンであっても、クラウンには高級車のイメージがあります。

その周囲の期待を裏切る行為は、アナタ自身の評価を下げてしまいかねません。

 

もしクラウンの購入を検討しているなら年収がいくらぐらい必要かを考えるのではなく、月々の維持費を支払っていけそうかを検討したほうがいいでしょう。

 

年収が問題なくても車にお金をかけられないなら、別の車種を検討したほうがいいです。

クラウンを購入層の年代

クラウン購入層の年代

クラウンを購入している人の年齢層は主に40代後半から60代と中高年層が多いです。

クラウンに対して憧れを持っているのが中高年層なのだといえます。

 

30代になってくるとクラウンよりもレクサスのほうが高級車としての認知率が高いので、レクサスに流れてしまっている現状があります。

 

他にも輸入車のBMWやアウディ、メルセデスベンツの選択肢もあるので、人気が分かれています。

もっとも、クラウンの新車価格はグレードにもよりますが500万円程度なので、この価格で買える年齢層が限られてくるというのも理由のひとつです。

 

またセダンというボディタイプが、あまり若年層に人気がないのも理由でしょう。

 

最近はSUVが若者世代には人気です。

また子育て世代にはスライドドアのあるミニバンが人気ですので、自然とセダンを購入する年齢層が上がってしまうのはしかたないでしょう。

ゴリ内くん(20代前半)の年収と愛車価格はこちら!

 

ちなみにクラウンの法人と個人の購入割合はほぼ半分との情報もあります。

 

昔からのトヨタの販売店との付き合いで、ずっとクラウンに乗り続けている人はリースやローンで購入していることも多いです。

 

既に持っているクラウンを下取りしてもらい、乗り換えていくスタイルで社用車として持っている人も多いのでしょう。

こうすれば、小さな個人経営の企業でもクラウンを社用車として用いることが可能です。

 

個人でも残価設定ローンでの支払いをしていけば、月々の支払い額を抑えることができます。

 

さらに頭金が用意できれば月々の支払い額はさらに抑えることが可能です。

法人と同様に下取り車もあればもっと安くなります。

 

このように支払い方法も工夫すれば、年収が1,000万円もなくてもクラウンは買えるのです。

スポンサーリンク


クラウンは中古で買うともっとお得

クラウンは中古で買うともっとお得

クラウンは定期的にモデルチェンジやマイナーチェンジを行っています。

 

そのたびに乗り換える人がいるので、中古車市場にはクラウンは他の車に比べて多く出回っています。

 

流通台数が多いため価格も新車に比べてかなり安いです。

またクラウンには新車で乗りたいと思う人が多いため安価に設定されているのでしょう。

 

特に中古でも気にしない人は中古車を検討してもいいかもしれませんよ。

 

低走行の車体もあり、状態も良い車体が多数あります。

クラウンを新車で買い替える人が一定数いるので、状態が良いことが多いのだと思います。

 

また認定中古車なら保証も充実しているので安心ですよ。

 

他にもVIPカー仕様のクラウンが欲しいなら最初から中古車で探してみましょう。

社外ホイールやエアロパーツが組まれた車体を見つけられるので、改造費をかけるよりもお得に済む場合があります。

 

ノーマルの状態から仕上げていくよりも、カスタムパーツが付いている車体に付いてるエアロパーツを交換したほうがいいです。

 

なぜなら購入時についていたパーツが社外品なら純正より高く売ることもできるからです。

ローダウンしている車体だとボディーへのダメージ気にする人もいますが、ローダウンする予定の人はぜひ検討してみてください。

 

中古車も視野に入れる方はこちらのサイトが無料なのでおすすめです。

ガリバーの中古車探しのエージェント

 

現行型(15代目)クラウンの特徴

クラウンフロント
出典:https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=70287144

トヨタの新プラットフォーム(TNGA)を採用しスポーツ走行にも耐えるセダンとして生まれ変わったのが15代目のクラウンです。

 

世界でもっとも過酷と言われているサーキットであるニュルブルクリンクでテストを繰り返して、開発がされました。

ハンドリング性能が大きく向上し、安定したコーナリングを実現しています。

 

スポーツ走行をしなくても揺らぎないハンドリング性能は、ドライバーの負担を軽減してくれます。

 

長距離運転をする必要が多い人にはありがたい機能です。

またクラウンRS仕様には新開発された電子制御サスペンションを採用。

 

様々な路面コンディションに対応できる安定性を備えています。

 

サスペンションが進化したことによって、発進時のスムーズさ、乗り心地も向上しているのです。

何よりもプラットフォームが刷新されていることで進化したエンジン、ステアリング性能、サスペンション機能が最大に活きていることが魅力。

クラウンが気になっている人は絶対に試乗してみてください。

 

中古車に乗ってから試乗した方が比較対象があるため、有意義な試乗になると思いますよ。

年収に関係なくクラウンが気になるなら乗ろう

クラウンリア走行
出典:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

クラウン購入層は高所得層ばかりとは限りません。

 

確かに車の購入予算の目安は年収の半分と言われています。

クラウンの新車価格はおよそ500万円なので、1,000万円は必要と考えがちです。

 

しかし、中古でもよければかなりお得にクラウンは購入できます

 

車齢が製造から13年以上になると重課税となるので、維持費が高くなります。

購入後の負担はよく考えておいたほうがいいです。

 

クラウンには国産高級車としてのブランド力が、40代~60代の男性にまだ根強い人気があります。

また社用車としてもニーズが高いです。

 

そのため中古車市場にもかなりの台数が流通しています。

 

かなり程度の良い車体が中古で出回っているので、クラウンが気になる人は中古で探してみてはいかがでしょうか。

 

もしスポーティーなセダンが欲しいなら現行型が断然オススメです。

プラットフォームの進化が走りの質を大きく向上させています。

残価設定ローンなどを活用しての購入を検討してみるのもいいかもしれませんよ。

 

お得な買い方【無料サービスを利用しましょう】

せっかく高い金額を出して買うなら、少しでも上質な車を買いたいですよね!

裏技的な買い方として、無料で使えるサービスを紹介します。

 

中古車検索

途中でも紹介しましたが、中古車を選択肢に入れると、ワンランク上のグレードを狙えます。

新車を買うのも魅力的ではありますが、中古車にすると買えないと思っていたイイ車も買えるかもしれません。

 

そして、インターネット上で全国の中古車を検索すれば、日本で売っている中であなたに最適な車を探すことができます。

 

中古車を買うなら、こちらは無料で探せるのでおすすめです。

ガリバーの中古車探しのエージェント

 

見るだけでも楽しいので、ぜひ^^

一括査定【超裏技です】

車を持っている方は、売却もネットで一括査定するのがいいです。

査定は無料なので試してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめはこちらです↓

かんたん車査定ガイド

 

ちなみに、こちらは無料で査定をしてくれます。

 

また、最大10社の査定を一括で受けられます。

無料なので、売るつもりがなくても試しに自分の車の評価額を見てみるのもいいですね。

 

ただ、安易にクリックしないでくださいね…

売却価格が魅力的すぎて早く売りたくなるので、急ぐ気持ちを抑えましょう…

 

売るとなればそれを使って、ディーラーや買取業者にさらなる査定額upの交渉材料にもできますけどね^^

僕がトヨペットで新車ハリアーを26万以上値引きさせた交渉法

 

廃車引き取りサービス

また、値段がつかないような車に乗っているかたや、都合上車を引き取りに来て欲しい方などはこちらがおすすめです!

廃車ラボ

こちらは廃車業者の中でも特にすごいです。

 

なんといっても、廃車にかかる費用が一切無料なのです。

 

すごいですよね。

普通なら「廃車代」が取られるところ、これを知っていれば無料で車を引き取ってもらえます。

 

なんでわざわざ無料で引き取るのかっていう理由もこちらでぶっちゃけられてたので、好印象です。

 

もしくはカーリース【まとまった出費を避けたい人向け】

最近何かと話題のカーリースをするのもいいでしょう。

 

「車が必要だけど、まとまった出費を避けたい」

「月々の支払いをおさえたい」

「購入後のわずらわしさを解消したい」

 

こんな方には、CMでも話題のカーコンビニ倶楽部がおすすめです。

カーコンビニ俱楽部

 

いかさん

「カーリースって何?」

って方はリンク先の動画解説をみてみてください(´∀`)

わかりやすいです。

 

 

いい車に出会ったら、お得に買うために無料のサービスを使ってみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読んだあなたにおすすめ

400万円の車は高い⁉︎ローンで買った私の年収を公開!

ドライブデートをSUVでしてみて感じたメリット・デメリットをシェアします!

予算500万円で購入できる新車SUV車3選!【2019】

 

 

45秒で完了。愛車売却で最大92万得する方法【やらないと損します】

最近、偶然見つけたんですが…

 

「車を買い替えたい」と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます。

だって、たった45秒で査定依頼→最大92万円もお得になった例があるんですよ?

ディーラーで下取りすると大損します。

僕も実際、過去に数十万損してきた人間です…

 

あなたにはそんな思いしてほしくないです。

 

そんな思いをしない方法は、一括査定です。

 

一括査定を使うと、複数の大手買取店が値段をつけてくれます。

一括査定なので、各社が勝手に競ってくれて、査定額も高くなります

その証拠として、一括査定を実施した人は平均で18万円も得したというデータがあるんです。

  ※かんたん車査定ガイドで複数社査定された方の、査定最高額と下取り価格の差額平均額を算出 (アンケートより 2018年12月回答118件)

 

  近所の買取店1社に依頼するのと、大手買取店10社に依頼するのとで差が出るのは当然といえば当然ですよね(´∀`)

 

  自分で近所の10社に見積もりを取りに行くとかなり負担ですが、ネットで一括査定依頼をすれば、買取店が来てくれたりするのでかなり楽チンです。

  また依頼方法も、スマホで45秒くらい打ち込むだけ。かんたんです。

  もちろん、どこの買取店でもいい価格が出なかったとか、やっぱり売る気なくなったとか、そんな場合は売らなくてもOKです(^^)

   

 

  無料で査定できて、売らなくてもOK。

  とりあえずやっておかないと損ですね!

  むしろやらない理由がないです。

   

 

愛車を高く売って、オプション追加してもいいし、カスタムするのもよし。

旅行用の貯金に回してもいいですね!

\92万円も高くなった方も!/