20代で車を買うのに300万円の予算は無謀すぎることなのか解説

イラスト
イラスト

学校を卒業して本格的に働き始めるのが20代ですよね。

学業をしながらアルバイトをしていた人たちは、収入が増えて嬉しい限りだと思います。

 

そこで大きな買い物を考えるようになってくるでしょう。

 

しかし、収入に見合わない買い物をすると後悔することになりますよ。

特に車は購入後にもお金がかかるアイテムの代表です。

 

今回は20代で300万円する車を購入してもいいのか考えてみましょう。

 

20代で車に300万円かけていいか考えよう

20代で車に300万円かけていいか考えよう

結論から言えば年齢に関係なく、収入に見合った買い物であれば問題ありません。

ただし気をつけたいのが20代で稼いでいる仕事の内容です。

 

例えば現在は忙しい部署にいるため残業が多く、残業手当が多いため収入が多い場合です。

 

転勤・転属で部署異動になって、年収が下がる可能性が大いにあります。

一時的な収入の上昇でローンを組んで車を買ってしまうのは危険です。

 

また勤務時間帯が早朝や夜間の場合も気をつけた方がいいでしょう。

早朝・夜勤手当が出ているために給与が多い場合も、一時的な収入と考えましょう。

 

これは勤務時間帯が変更になる可能性もありますし、カラダへの負担が大きいので体調を崩す確率が高いと考えましょう。

 

若いから多少無理しても大丈夫と油断していると危険です。

もし、働けなくなってしまったら一気に経済的負担がのしかかってきます。

 

例にあげたように手当や長時間勤務による収入増加を基準に考えて、ローンを組むのはやめておきましょう。

 

一般的な企業なら基本給が大きく下がることはないでしょう。

あなたがサラリーマンで基本給が上がってきているなら、300万円する車を購入しても月々のローンの支払いに苦労することはないかもしれません。

 

車の購入金額目安としてよく言われるのは、年収の1/3以下です。

 

年収が300万円なら100万円以下の車にしておけということですね。

しかし、値段だけで車を判断すると失敗することもあります。

高級車であっても旧型になってくると値段は下がりますが、極端に安すぎる場合は事故歴があったり、故障が多かったりするので注意しましょう。

 

『安物買いの銭失い』のことわざどおり、購入後に修理費がかかって結局最初に高い金額を出しておいたほうが良かったことにもなりかねないのが車を買うということです。

 

とはいえ、欲しい車を無理して買えるのは若者の特権

とはいえ、欲しい車を無理して買えるのは若者の特権

ここまでネガティブなことを述べてきましたが、20代の若さがあるからこそ冒険もできることをお伝えしておきます。

 

結婚したり、昇進したり、年齢を重ねて行くと車だけにお金をかけるわけにはいきません。

結婚をすれば二人の生活や人生計画を進めていく上で車にかけるお金も制限せざるを得ないでしょう。

 

また昇進すれば周りからの目も意識しなければなりません。

 

車通勤をしているなら尚更乗る車は意識する必要が出てきます。

30代や40代になってもローダウンし過ぎたスポーツカーやオラついたSUVを乗り回していると、人格を疑われてしまうのが日本社会です。

 

好きな車に乗れるのは、しがらみの少ない20代だけとも言えます。

 

もし、300万円以上する車に乗りたいと考えているなら貯金して頭金を多く用意するか、一括で支払えるまで貯金をしましょう。

車両本体の支払いが終わってしまえば、収入が多少下がっても生活は苦しくなりにくいです。

 

もし、どうしようもなければ売却の手段もとれるので300万円以上する車を買うならお金を貯めてから買いましょう。

 

 

その他の方法で、20代で300万円する高級車を買いたいなら、月々の支払額が定額の方がいいと思います。

車には車検代や税金などなど、突発で支払うお金がありますよね。

そんなときに「貯金がない!」なんてことになったら大変です。

 

今は、諸費用を含めた定額サービスもありますので、安心を買いたい方はこちらがおすすめです。

【カーコンビニ俱楽部】

 

ちなみに、こういった特典があったりするので、特典がないときは待った方がいいです。

カーコンビニ倶楽部 特典出典:【カーコンビニ俱楽部】 

 

ぶっちゃけ年齢よりも収入が大切

ぶっちゃけ年齢よりも収入が大切

20代で300万円する車を購入することの可否を考えるときに大切なのは、年齢よりも収入に問題ないか考えましょう。

 

一時的な稼ぎなのに気を大きくして300万円する車をローンで購入した場合、月々の支払いや税金など維持費の支払いに苦労する危険性があります。

 

無論、子どもの頃から憧れていた車や、長年の夢だった車を手に入れるためにリスクを負うのもいいでしょう。

無茶ができるのも若い間の特権とも言えます。

 

車は安い買い物ではないので、購入後のことも想像して決めてくださいね!

 

 

とはいえ…

ゴリ内くんは年収の1,75倍の車を買っています。

しかも、支払いに追われてなくて、むしろ貯金できているんだとか。

 

「高い車を買いたい!」

「背中を押して欲しい!」

 

という方は、以下の記事をどうぞ!

400万円の車は高い⁉︎ローンで買った私の年収を公開! 僕は、年収約350万円で400万円越えのハリアーを買いました! よく、車を購入する目安の価格として年収の半額以下が...

45秒で完了。愛車売却で最大92万得する方法【やらないと損します】

最近、偶然見つけたんですが…

 

「車を買い替えたい」と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます。

だって、たった45秒で査定依頼→最大92万円もお得になった例があるんですよ?

ディーラーで下取りすると大損します。

僕も実際、過去に数十万損してきた人間です…

 

あなたにはそんな思いしてほしくないです。

 

そんな思いをしない方法は、一括査定です。

 

一括査定を使うと、複数の大手買取店が値段をつけてくれます。

一括査定なので、各社が勝手に競ってくれて、査定額も高くなります

その証拠として、一括査定を実施した人は平均で18万円も得したというデータがあるんです。

  ※かんたん車査定ガイドで複数社査定された方の、査定最高額と下取り価格の差額平均額を算出 (アンケートより 2018年12月回答118件)

 

  近所の買取店1社に依頼するのと、大手買取店10社に依頼するのとで差が出るのは当然といえば当然ですよね(´∀`)

 

  自分で近所の10社に見積もりを取りに行くとかなり負担ですが、ネットで一括査定依頼をすれば、買取店が来てくれたりするのでかなり楽チンです。

  また依頼方法も、スマホで45秒くらい打ち込むだけ。かんたんです。

  もちろん、どこの買取店でもいい価格が出なかったとか、やっぱり売る気なくなったとか、そんな場合は売らなくてもOKです(^^)

   

 

  無料で査定できて、売らなくてもOK。

  とりあえずやっておかないと損ですね!

  むしろやらない理由がないです。

   

 

愛車を高く売って、オプション追加してもいいし、カスタムするのもよし。

旅行用の貯金に回してもいいですね!

\92万円も高くなった方も!/