軽自動車で静粛性が向上しているおすすめのタイヤとは?【2020】

さて、タイヤは消耗品なので定期的に交換しないといけないのですがどのタイヤを選んでいいのか種類が多くて迷いますよね?

そこで今回の記事では、タイヤの選び方や静粛性が向上しているおすすめのタイヤを紹介します。
スポンサーリンク


軽自動車で静粛性が向上しているおすすめのタイヤとは?

ここからは静粛性が向上しているおすすめのタイヤ4選を紹介します。

静粛性が高いタイヤを求めている人はぜひ、参考にしてください。

 

レグノGRレッジェーラ

一つ目がレグノGRレッジェーラというタイヤです。

こちらはレグノメーカーが初めて作った軽自動車向けのタイヤです。

 

荒れた道路で25パーセント前後、80kmの速度で走っている時に30パーセント前後の騒音を抑えることに成功しています。

 

また軽自動車にありがちな、コーナーなどでのふらつきも軽減しています。

タイヤのサイズは14から15インチで値段も1本1,5000円前後となっています。

 

 

アドバンデシベルV552

二つ目がADVAN dB(アドバンデシベル)V552というタイヤです。

こちらのタイヤは、走行時のタイヤの変形を抑えることで静粛性とハンドリングが向上するおすすめのタイヤです。

 

タイヤのゴム部分をやわらかく作り、道路と触れている部分を増やすことで静粛性とグリップ力を上げることに成功しています。

 

また、走行時の変形を抑えることにより無駄な燃費の発生の削減にもつながっています。

 

インチサイズは14から20インチと幅広いラインナップでカスタマイズ性もあります。

さらに、タイヤ側面のデザインも質感が高く表現されていて見た目にもこだわる人にはおすすめです。

 

他にも、こちらのタイヤは軽自動車の他、ミニバンやセダンの車にも対応しています。

 

こちらのタイヤは、軽自動車以外でも交換できるのがメリットの一つです。

 

ダンロップLEMANS V

軽自動車で静粛性のあるタイヤ3つ目は、ダンロップのLEMANS Vです。

こちらのタイヤは乗り心地と静粛性を高めたタイヤとなっています。

 

こちらのタイヤは、忍者のように静かに走ることから忍者テクノロジーと言われている技術を用いて作られています。

 

道路からの衝撃を特定部分に集中させることなく広いエリアに広げることで、静粛性の向上に成功しています。

 

また、クッション性が上がっていることにより、道路の段差への衝撃も軽減していて負担の少ない乗り心地となっています。

 

このように、乗り心地と静粛性を求めている人にはおすすめのタイヤです。

 

ブリジストンPlayz PX-C

静粛性が向上しているタイヤ4つ目はブリジストンのPlayz PX-Cです。

こちらのタイヤは静粛性や直進を走る際の安定性などを向上したタイヤとなっています。

 

こちらの車は、内側と外側の部分を異なる設計にすることで道路からの衝撃を軽減し、ふらつきしにくい直進性を実現しています。

 

また、路面と触れている部分を安定化することで静粛性も向上しています。ふらつきが少ない走りと静粛性がほしいユーザーにおすすめのタイヤです。

 

比較的安くて、手を出しやすいタイヤだと思います。

 

タイヤの選び方

さて、静粛性が向上しているタイヤを4つ紹介してきましたが、自分の車に合っているか分からない人もいるでしょう。

 

ここからはタイヤの選び方を紹介します。

まずは、メーカーごとの特徴を把握することです。

 

タイヤはメーカーごとに違いがあり、例えば燃費の性能を重視した横浜タイヤなどメーカーごとに得意分野があります。

 

メーカーごとの特徴を把握し、タイヤの性能に何を求めるか決めることで選びやすくなります。
スポンサーリンク


楽しいタイヤカスタマイズ

さて、静粛性が向上したおすすめのタイヤや選び方のポイントを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

車はタイヤの性能によって、乗り心地や静粛性も良くなったり悪くなったりします。

また、タイヤに関する知識を身に着けることでカスタマイズの楽しさも知ることができます。

 

ぜひ、自分の車に合ったタイヤを選んで自動車ライフを楽しみましょう。