スポーツカーのおすすめ!新車&安い条件で厳選!【2020】

このページでは『新車価格が安い』スポーツカーだけを紹介します。

 

「スポーツカー おすすめ 安い 新車」で検索しても、多くは『新車』か『安い』のどちらかしか教えてくれていないのではないでしょうか。

私が検索してみると、そのような結果でした。

 

めちゃくちゃ高い新車を紹介されたり、安い中古車を紹介されたり…

たしかに、それが欲しい方もいます。

 

しかし、ここに来たあなたは安いスポーツカーを新車で買いたいんですよね!

わかります。その気持ち。

 

やっぱり中古車は、誰かが使ったあとということで、故障の不安や細かい傷・汚れが気になったりします。

 

しかし、新車を買おうと思うとどうしても価格が上がるので、なかなかいい車が見つけられない…

そんなあなたに向けての記事を書きます。

 

ということで、今回の記事では

『新車&安い』の条件でおすすめスポーツカーを厳選5車種紹介!

を書いていきます!

まずは『安い』の定義について

まずは、安いの定義を考えることにします。

結論から言うと、ここでいう『安い』は車両価格が350万円以下とします。

 

ここからはその理由を書いていくので、必要ない方はこちらから本題に進んでください。

 

まずは、20代の平均年収を調べました。

20代というのは一番年収が低い世代だからです。

20代平均年収は346万円のようです。

 

私は年収が約350万円の時に400万越えの車を買っています。

 

しかし、特に支払いに追われている感じもなく、ちゃんと支払えています。

詳しくはこちらに書いてあります。

400万円の車は高い⁉︎ローンで買った私の年収を公開!

 

ということで、年収約350万円で350万円の車なら維持できるだろうという考えから、この記事では車両価格が350万円以下のものをおすすめすることにしました。

 

『新車&安い』の条件でおすすめスポーツカーを厳選5車種紹介!

それでは本題です!

「新車でも安い!」そんなスポーツカーだけを厳選しました。

 

ここまで読んでいただいたあなたには、購入の選択肢に入るいい車があると思うので、最後まで読んでみてください!

MAZDA/ロードスター


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/マツダ・ロードスター#/media/File:Mazda_Roadster_ND.jpg

安くてかっこいいスポーツカーといえば、このロードスターだと思います。

 

この写真からは伝わりにくいかもしれませんが、マツダの赤は暗めの赤で光沢があるタイプなので、かなりかっこいいです。

いかさんも言っていました。

 

いかさん

マツダノ、アカイロ、カッコイイ!

 

キリッとした目つきが特徴的なフロントデザインがまたいいですね!

 

リアの画像はこちら。


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/マツダ・ロードスター#/media/File:Mazda_Roadster_ND_rear.jpg

オープン仕様なので、リアを見てもスポーツカーというのが伝わりますね。

見る限り、赤と黒しか使っていないようですが、この色がスポーツカーらしくてかっこいいです!

 


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/マツダ・ロードスター#/media/File:Mazda_Roadster_ND_interior.jpg

内装はナビ周りやエアコンの吹き出し口など、シンプルなデザインですね。

これもスポーツカーらしくていいと思います。

 

個人的には、内装はスイッチがいっぱいあった方が好きなのですが、スポーツカーは運転を楽しむものなので、このようにシンプルな方がいいのかもしれませんね!
スポンサーリンク


【新車価格】

255万4200円〜となっています。(2019年3月時点)

 

設定している価格よりかなり安い車になりますね!

 

【燃費】

16.8〜17.4km/L(WLTCモード)

 

スポーツカーには珍しいくらい燃費がいいですね!

お財布に優しいです。笑

 

HONDA/S660


出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f4/Honda_S660_α.jpg

この車の最大の特徴は、軽自動車という点。

軽自動車で、オープンのスポーツカーというのは本当に希少です

 

税金も安いので、今回紹介する中でも一番維持費が安い車だと思います。

 

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cf/Honda_S660_α_%28JW5%29_rear.JPG

リアも軽自動車とは思わせない、スポーティーな仕上がりになっています。

ナンバープレートを白色に変えると、もう軽自動車であることはわからないかもしれませんね。笑

 

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ホンダ・S660#/media/File:HONDA_S660_JW5_03.jpg

内装もしっかりしていますね!

シートやナビまで、普通車に劣らない作りになっています。
スポンサーリンク


【新車価格】

198万0720円〜となっています。(2019年3月時点)

 

意外にも車両価格は高いです。

軽自動車で200万円もするのは高いですよね。

 

しかし、税金が安いですし、普通車のようなオープンスタイルを実現できる車という意味では200万円でも安いのではないでしょうか。

 

【燃費】

6速MT仕様:21.2km/L(JC08モード)

CVT仕様:24.2km/L(JC08モード)

 

やはり燃費もかなりいいですね!

維持費はかなり抑えられます。

 

SUBARU/WRX S4

WRX S4 2.0GT-S EyeSight クリスタルホワイト・パール(32,400円高・消費税8%込)出典:https://www.subaru.jp/wrx/s4/design/exterior.html

スバルの高級車なイメージのあるWRXですが、意外にも車両価格が350万円以下です。

 

走行性能は当然のごとくいいです。

とにかく走るのが好きという方には抜群におすすめです。

 

また、SUBARUの安全装備『アイサイト』が全グレード標準装備ということで、運転が苦手な方にもおすすめできるいい車です。

 

 

WRX S4 2.0GT-S EyeSight クリスタルホワイト・パール(32,400円高・消費税8%込)
出典:https://www.subaru.jp/wrx/s4/design/exterior.html

マフラー4本出しというのがかっこいいですね。

スポーティー感を感じさせてくれます。

 

セダンで走行性能がいい車というのは、それだけでクールでかっこいいと感じます。

 

WRX S4 2.0GT-S EyeSight コクピット
出典:https://www.subaru.jp/wrx/s4/design/interior.html

WRX S4 2.0GT-S EyeSight インテリアイメージ
出典:https://www.subaru.jp/wrx/s4/design/interior.html

内装はどこを見ても豪華です。

ナビ周り、ハンドル周り、シートなど車両価格が350万円とは思えない、それ以上の価値のある車だと思います。

 

私は特に、速度メーターがかっこいいと思いました。

280km/Hまで表示があるので、メモリがたくさんあってかっこいいです!

そこまでスピードを出すことは絶対にないですけどね。笑
スポンサーリンク


【新車価格】

336万9600円〜となっています。(2019年3月時点)

 

今回の中では高めな価格ですね。

しかし、それだけの価値があるのは確かです。

 

【燃費】

12.4〜13.2km/L(JC08モード)

 

こちらも燃費は悪くなく、スポーティーな車としては普通ではないでしょうか。

 

SUZUKI/スイフトスポーツ

 

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/スズキ・スイフト#/media/File:Suzuki_SWIFT_Sport_(CBA-ZC33S-VBRM-J)_front.jpg

スポーツカーの印象はないかもしれませんが、名前の通りスポーツタイプの車です。

スポーツカーというのは、明確な定義がないため、難しいところです。

 

ただ、この車がスポーツカーと言われるのは、走行性能がいいからだと思います。

 

エスクードというSUZUKIのSUV車と同じエンジンを積んでいます。

しかも、エスクードはレギュラー仕様に対して、スイフトスポーツはハイオク仕様です。

 


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/スズキ・スイフト#/media/File:Suzuki_SWIFT_Sport_(CBA-ZC33S-VBRM-J)_front.jpg

リアデザインは一般的なコンパクトカーのようです。

今回紹介している他のスポーツカーよりも車高が高いため、積載力が高いと言えます。

 

また、マフラー2本出しというのはいいポイントですね!

 


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/スズキ・スイフト#/media/File:Suzuki_SWIFT_Sport_(CBA-ZC33S-VBRM-J)_front.jpg

内装はかなりスポーティーです。

黒基調な内装の中で、細かく赤が散りばめられていますね。

 

個人的に黒と赤の組み合わせはスポーティーだと感じるので、スポーツカーとしてかなりいい色だと思います。
スポンサーリンク


【新車価格】

183万6000円〜となっています。(2019年3月時点)

 

S660よりも安いので、悩ましいところです。笑

 

【燃費】

16.4km/L(JC08モード)

 

燃費はかなりいいですね。

 

TOYOTA/86 & SUBARU/BRZ

写真
出典:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/car/new/86/exterior

TOYOTAの『86』とSUBARUの『BRZ』はお互いのメーカーが共同開発した車です。

なので内装・外装ともに、どちらもほぼ同じデザインになっています。

今回の画像は全て86です。

 

低重心なクーペスタイルのこの車は「the スポーツカー」という印象です。

横幅も広いので、サイズにも圧倒されるかっこいい車ですね!

 

いかさんはこの車も好きなようです。

 

いかさん

86カッコイイ!

 

 

86_top_img01

写真
出典:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/car/new/86/exterior

まさにイメージ通りのスポーツカーという感じですね!

「王道のスポーツカーを楽しみたい!」という方におすすめだと思います。

 

私も今回紹介した中からスポーツカーを買うなら、86かBRZを選びます。
スポンサーリンク


【新車価格】

『86』は262万3320円〜

『BRZ』は243万0000円〜となっています。(2019年3月時点)

 

このような仕上がったスポーツカーなのに、その割に価格は安いと思います。

 

【燃費】

『86』は11.8〜12.8km/L(WLTCモード)

『BRZ』は11.6〜12.4km/L(JC08モード)

です。

 

86の方が少しだけ燃費がいいようですね。

 

測定方法が違うので一概には言えませんが。

測定方法を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

WLTPとWLTCモードとは?日本車導入による影響は?実燃費との差は縮まるのか。わかりやすく簡単に解説!

 

やっぱり新車がいい!

いかがでしょうか。

簡単にまとめると

 

とにかく維持費を抑えたい人は →S660

走りだけでなく積載量も欲しい人は →スイフト

かっこいい赤に憧れる人は →ロードスター

王道スポーツカーに乗りたい方は →86/BRZ

予算を存分に使える方は →WRX

 

がおすすめです。

 

全て車両価格が350万円以下なので、現実的な価格だと思います。

やっぱり新車っていいですよね!

 

自分の為に作られた車と思うと、納車の時の喜びがかなり大きいです。

また、新車の香りが「新車買ったんやなあ」と思わせてくれます。笑

 

もしあなたが新車か中古車で迷っているなら、私は新車をおすすめしたいです。

中古でワンランク上の車を狙うのもいいですが、やはり、新車の感動は大きいですよ!

 

それでも、悩んでいる時が一番楽しいと思うので、たくさん悩んでください!笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を読んだあなたにおすすめ。

400万円の車は高い⁉︎ローンで買った私の年収を公開!

【まとめ】あなたにぴったりのクルマ探し記事一覧

ドライブデートで会話が続かないあなたにおすすめのネタ20選!実体験を元に紹介!

 

車の購入を考えている方にはこちらがおすすめ

ガリバーの中古車探しのエージェント

45秒で完了。愛車売却で最大92万得する方法【やらないと損します】

最近、偶然見つけたんですが…

「車を買い替えたい」と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます。

だって、たった45秒で査定依頼→最大92万円もお得になった例があるんですよ?

ディーラーで下取りすると大損します。

 

僕も実際、過去に数十万損してきた人間です…

 

あなたにはそんな思いしてほしくないです。

 

そんな思いをしないで済む方法は、一括査定です。

一括査定を使うと、複数の大手買取店が値段をつけてくれます。

一括査定なので、各社が勝手に競ってくれて、査定額も高くなります

 

その証拠として、一括査定を実施した人は平均で18万円も得したというデータがあるんです。

※かんたん車査定ガイドで複数社査定された方の、査定最高額と下取り価格の差額平均額を算出
(アンケートより 2018年12月回答118件)

 

近所の買取店1社に依頼するのと、大手買取店10社に依頼するのとで差が出るのは当然といえば当然ですよね(´∀`)

自分で近所の10社に見積もりを取りに行くとかなり負担ですが、ネットで一括査定依頼をすれば、買取店が来てくれたりするのでかなり楽チンです。

 

また依頼方法も、スマホで45秒くらい打ち込むだけ。かんたんです。

 

もちろん、どこの買取店でもいい価格が出なかったとか、やっぱり売る気なくなったとか、そんな場合は売らなくてもOKです(^^)

無料で査定できて、売らなくてもOK。

とりあえずやっておかないと損ですね!

 

むしろやらない理由がないです。

 

愛車を高く売って、オプション追加してもいいし、カスタムするのもよし。

旅行用の貯金に回してもいいですね!

\92万円も高くなった方も!/