予算300万円で購入できるSUV車ランキング3選!【2019】




予算300万円程度(車両価格)で購入できる新車のSUV車3種をご紹介します!!

今回ご紹介する車種はこちらです。

・XV(スバル)

・C-HR(トヨタ)

・CX-3(マツダ)

以下3点をピックアップしてご説明します。

・特徴

・オススメポイント

・簡易仕様と価格

XV/スバル


出典:https://www.subaru.jp/xv/xv/content/gallery/img/photo/photos/photo9.jpg

特徴

2012年から販売されている同社インプレッサベースのSUVモデルです。

厳密に述べるとGH型インプレッサの派生グレードとして初登場し2010年〜2012年まで販売されていました。2012年のモデルチェンジで車名が現在のXVに変更となりました。

今回ご紹介するのは3代目(2017年〜)でマイナーチェンジを控えたモデルとなります。

マイナーチェンジ時期はe-BOXER(ハイブリッド)モデルが2019年11月15日、1.6L(ガソリン)モデルが2020年初頭に販売開始を予定しています。

スバル伝統の四輪駆動方式であるAWDを継承し、先進安全装備のインサイトを搭載しています。

オススメポイント

高い走行安定性

シンメトリカルAWDと呼ばれる4WDシステムにより、オフロードや雪道はもちろんのこと雨天走行や高速道路での走行が大変安定しています。

ベースのインプレッサスポーツは2WD(FF)モデルがありますが、XVは全てAWD車となります。

SUBARU XV:シンメトリカルAWD

シンメトリカルAWDに加えて、XMODEと呼ばれる悪路走行モードがあり、走行シーンが広がります。

その中でも以下の2モードが選択可能です。

SNOW・DIRTモード・・・・・雪道や砂利道など滑りやすい道

DEEP SNOW・MUDモード・・・深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道

1.6i EyeSight以外で標準装備となります。

SUBARUテクノロジー:X-MODE

動画では同社のフォレスターで紹介されており、スイッチが異なりXVでは電動パーキンブレーキスイッチ横に配置されています。


出典:https://www.subaru.jp/xv/xv/content/utility/img/equipment/img11.jpg
スポンサーリンク


充実した運転支援装備

経済産業省が呼称している「サポカーS」に対応しており、ステアリング連動ヘッドランプ装着車が「サポカーSワイド」、非装着車が「サポカーSベーシック+」となっています。


出典:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

自動ブレーキやペダル踏み間違い防止等の安全装備はもちろんのこと、先行車に追従して走行するようアクセルとブレーキを制御してくれるので運転負荷を軽減してくれます。


出典:https://www.subaru.jp/xv/xv/content/safety/img/safety2/img07.jpg?date=20190912

簡易仕様と価格

簡易仕様

グレード:2.0e-L EyeSight(4WD、ハイブリッド)

排気量[cc]:2000

全長x全幅x全高[mm]:4,465×1,800×1,550

ホイールベース[mm]:2,670

車両重量[kg]:1,530  ※ガソリンモデルは1,410kgの予定なので重量税が変わります。

価格

全車4WD (CVT、アイサイト搭載)

1.6i EyeSight:¥2,200,000

1.6i-L EyeSight:¥2,332,000

2.0e-L EyeSight:¥2,651,000

2.0e-S EyeSight:¥2,871,000

Advance:¥2,926,000
スポンサーリンク


C-HR/トヨタ


出典:https://toyota.jp/pages/contents/c-hr/001_p_006/image/design/exterior1.jpghttps://toyota.jp/pages/contents/c-hr/001_p_006/image/design/exterior1.jpg

特徴

2016年に発売開始され、世界100カ国で販売されるグローバルモデルです。

SUV+ハイブリッド+クーペデザインを有しているのが大きな特徴となります。

エンジンは1800ccハイブリッドと1200ccガソリンターボが選択できます。

2019年10月18日にマイナーチェンジしたばかりなのでそちらをご紹介します。

今回のマイナーチェンジに伴い、内外装の変更の他にガソリンエンジンモデルへの6MTミッションの追加とスポーツチューンが施された「GR SPORT」グレードが追加されました。

オススメポイント

先進性のあるデザイン・装備

今回のマイナーチェンジでLEDウインカーの仕様が変更となり、マイナーチェンジ前はフロントがシーケンシャル(流れる)ウインカーでリアが点滅仕様だったのが、マイナーチェンジ後はフロントが点滅仕様でリアがシーケンシャルウインカーに変更となりました。

スマートフォンとの連携に特化したオーディオ、「ディスプレイオーディオ」が全グレードで標準装備となります。

スマートフォンのナビやオーディオが使用できるので、使い勝手が非常に良いです。

ディスプレイオーディオ

安全装備は「Toyota Safety Sense」を全グレードで標準搭載しています。

・自動ブレーキ
・車線逸脱警報
・自動ハイビーム
・レーダークルーズコントロール (6MTはブレーキのみ)
スポンサーリンク


簡易仕様と価格

簡易仕様

グレード:S-T(2WD、AT、ガソリン)

排気量[cc]:1200

全長x全幅x全高[mm]:4,385×1,795×1,550

ホイールベース[mm]:2,640

車両重量[kg]:1,400

価格

ガソリン 2WD  (4WD は+¥198,000 、6MTは2WDのみで-¥33,000)

S-T:¥2,400,000

G-T:¥2,665,000

S-T “GR SPORT”:¥2,732,000

ハイブリッド 2WDのみ

S:¥2,730,000

G:¥2,995,000

S “GR SPORT”:¥3,095,000

CX-3/マツダ


出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

特徴

2015年から販売されている同社デミオ(現MAZDA2)ベースのSUVモデルとなります。

初期型は1500ccのディーゼルエンジンのみでしたが現在は1800ccのディーゼルエンジンと2000ccのガソリンエンジンのラインナップがあります。

コンパクトサイズながら高級感のある内装も特徴の1つです。

ディーゼルエンジンは力強いトルクで非常に運転しやすいですが、エンジンの特性上ススが溜まりやすいので街乗りが多いとススの再生処理が不完全な状態となり、燃費低下等の不調に繋がる事もあるので、気になる方は販売店への問い合わせ等をお勧めします。
スポンサーリンク


オススメポイント

気持ちのいい走りができる

先進装備による快適さもさることながら、シートやペダル配置にも配慮がなされているので

気持ちのよいドライビングを楽しむことができます。

私自身、代車でデミオを少しの間乗る機会がありましたがシートのフィット感が良くて、体が楽だったのを覚えています。


出典:https://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/cx-3/safety/cockpit/cx3_320_2column01_img01.jpg

G-ベクタリングコントロールと呼ばれる制御技術が全車搭載されており、走行時の安定性が向上しており、カーブでは横Gが抑えられるので同乗者への負担も軽減されます。

こちらも体感したことがありますが素人の私でも体感できるほどで、カーブのスピード出しすぎに注意が必要です。(汗)

動画では伝わりにくいかもしれませんが、実際に乗ってみると違いが分かると思います。

【Dynamics】G-ベクタリング コントロールあり/なし比較動画-②乗員の体の揺れを低減

簡易仕様と価格

簡易仕様

グレード:20S(2WD、AT、ガソリン)

排気量[cc]:2000

全長x全幅x全高[mm]:4,275×1,765×1,550

ホイールベース[mm]:2,570

車両重量[kg]:1,250

価格

2WD  (4WD は+¥230,186 、6ATと6MTの価格差は無し)

ガソリン

20S:¥2,167,000

20S PROACTIVE S Package:¥2,475,000

20S Exclusive Mods:¥2,646,600

ディーゼル

XD:¥2,481,600  ※6MT有

XD PROACTIVE S Package:¥2,778,600 ※6MT有

XD Exclusive Mods:¥2,921,600

どんな人にオススメ?

【XV】

アウトドアが多く悪路走行が多い

水平対向+AWDの安定走行を体感したい

【C-HR】

走行はオンロードがメインである

先進装備を体感したい

【CX-3】

ディーゼルエンジンでゆとりのある走行を楽しみたい

楽な姿勢で気持ちの良いドライブをしたい

お車選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

45秒で完了。愛車売却で最大92万得する方法【やらないと損します】

「車を買い替えたい」と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます。

だって、たった45秒で査定依頼→最大92万円もお得になった例があるんですよ?

ディーラーで下取りすると大損します。

僕も実際、過去に数十万損してきた人間です…

 

あなたにはそんな思いしてほしくないです。

 

 

そんな思いをしない方法は、一括査定です。

 

ネットの一括査定を使うと、複数の大手買取店が値段をつけてくれます。

一括査定なので、各社が勝手に競ってくれて、査定額も高くなります

その証拠として、一括査定を実施した人は平均で18万円も得したというデータがあるんです。

  ※かんたん車査定ガイドで複数社査定された方の、査定最高額と下取り価格の差額平均額を算出 (アンケートより 2018年12月回答118件)

 

  近所の買取店1社に依頼するのと、大手買取店10社に依頼するのとで差が出るのは当然といえば当然ですよね(´∀`)

 

  自分で近所の10社に見積もりを取りに行くとかなり負担ですが、ネットで一括査定依頼をすれば、買取店が来てくれたりするのでかなり楽チンです。

  また依頼方法も、スマホで45秒くらい打ち込むだけ。かんたんです。

  もちろん、どこの買取店でもいい価格が出なかったとか、やっぱり売る気なくなったとか、そんな場合は売らなくてもOKです(^^)

   

 

  無料で査定できて、キャンセルも可能。

  とりあえずやっておかないと損ですね!

  むしろやらない理由がないです。

   

 

愛車を高く売って、オプション追加してもいいし、カスタムするのもよし。

旅行用の貯金に回してもいいですね!

\92万円も高くなった方も!/

スポンサーリンク
車関連広告



シェアしてもらえると嬉しいです(^^)/

フォローする