車を音圧仕様にしたらビビり音がする!DIYでデッドニングは出来る?




前回(アンプ設置場所)の最後の宣言通り!(笑)

(↓前回の記事)

デッドニングの記事をスタートします!

「え?デッドニングってこれ↓

使えばOKじゃない?」

と思っていませんか?

ただね、よく見てみてください。

「制振シート」

って書いてあるんですよ。

…なんだか他の商品、使えそうにないですか…?笑

(↓この記事で猫トイレ砂をおススメした私は流用大好きですww)

(元)ライブハウス勤務&カーオーディオの亀がちょっと探してみました!
スポンサーリンク


そもそもデッドニングって何?

ドア内側などの鉄板+空洞がある場所が車には沢山存在しています。

音は気密性があることで抜けてやる気のない音になってしまったり、鉄板とプラスチックの間で反響してビビり音や雑音が混じったりしていまいます。

わかりやすい例として、

「おーい」

と人を呼ぶときに、口の横に手を添えたことありませんか?

あとは聞き耳を立てるときも耳の横に手を添えて「あんだって~?」と言ったり両手で筒状にしてみたり。

意外と無意識に「聞こえやすい状態」を行動しているんです。

それを車でやろう!ってことですね!

デッドニングに使うもの

ここでは広義に「音を良くするためのもの」をご紹介します。

制振シートのほか、綿なんかも紹介しますね!

あとは裏技も(笑)

デッドニング材

和気産業は趣味のインテリアDIYでよく利用する会社です。

↑の素材は「ブチルゴム+アルミ箔

車業界ではあまり見かけないのですが、かなり品質のいい商品を取り扱っているので安心できるかと。

デッドニングは使う材料より塞ぎ方が大事なので、1台目は安いものを使用してみるのもありです。

(高いのを最初から使って施工失敗は痛いです…)

あまり聞き覚えがないと思いますが…

スタジオやコンサートホールなどを手掛ける防音に特化した企業です。

使っている素材は「」。

スピーカーの音を聞こえやすくするよりは「外部の音をシャットアウトする」、「ビビり音を軽減する」ことに活用できます。

↑の東京防音は鉛なのに対し、鉛+ゴムです。

レジェトレックスはオーディオショップでも使用されています。

レアルシルトよりは安い、けど実感したい方にお勧めです。
スポンサーリンク


追加で準備しておくといいもの

ここではポイントポイントで使えるものをご紹介します。

すみません、また東京防音さんのです…。

ウーファーボックスなどに入れ、背面の余計な振動と音を吸収してくれます。

スピーカーの得意な周波数の音像を浮かび上がらせてくれますよ♪

タオル※裏技

自宅で使用する、普通のフェイスタオルです(笑)

ドアポケットやオーディオのポケット、ドリンクホルダーなど車には「中途半端に隙間のある場所」が沢山あり、どこからビビり音が出ているのか判別が難しいことがあります。

そんな時に一旦タオルで塞いで雑音を抑え、後日調整も可能です。

某イベントの某メーカーの車でビビり対策に内緒でタオルを突っ込んだのはヒミツ♡

ウレタンフォーム

↑で触れた「後日対策用」にこんなもののお勧めです。

建材用なので、カーオーディオ専門よりコストパフォーマンスは優れています。

DIYで、出来る?

・正直、何もわからないところから始めるのは難しい

・プロショップや担当者によって考え方が違う

という、DIYでやるかプロショップに依頼するか、悩ましい状況です。

「初めてスピーカー交換やるついでに出来る!」レベルではなく

「スピーカーもアンプも慣れた!けどビビり音に困っている!」

という初心者脱出~中級者なら「失敗を恐れずやってみ~」って感じです♪

まったく初めての場合は、是非ウーファーボックス内部にシート貼ってみたりグラスウール入れてみたり、小さい「箱」から始めてみてくださいね♪

45秒で完了。愛車売却で最大92万得する方法【やらないと損します】

「車を買い替えたい」と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます。

だって、たった45秒で査定依頼→最大92万円もお得になった例があるんですよ?

ディーラーで下取りすると大損します。

僕も実際、過去に数十万損してきた人間です…

 

あなたにはそんな思いしてほしくないです。

 

 

そんな思いをしない方法は、一括査定です。

 

ネットの一括査定を使うと、複数の大手買取店が値段をつけてくれます。

一括査定なので、各社が勝手に競ってくれて、査定額も高くなります

その証拠として、一括査定を実施した人は平均で18万円も得したというデータがあるんです。

  ※かんたん車査定ガイドで複数社査定された方の、査定最高額と下取り価格の差額平均額を算出 (アンケートより 2018年12月回答118件)

 

  近所の買取店1社に依頼するのと、大手買取店10社に依頼するのとで差が出るのは当然といえば当然ですよね(´∀`)

 

  自分で近所の10社に見積もりを取りに行くとかなり負担ですが、ネットで一括査定依頼をすれば、買取店が来てくれたりするのでかなり楽チンです。

  また依頼方法も、スマホで45秒くらい打ち込むだけ。かんたんです。

  もちろん、どこの買取店でもいい価格が出なかったとか、やっぱり売る気なくなったとか、そんな場合は売らなくてもOKです(^^)

   

 

  無料で査定できて、キャンセルも可能。

  とりあえずやっておかないと損ですね!

  むしろやらない理由がないです。

   

 

愛車を高く売って、オプション追加してもいいし、カスタムするのもよし。

旅行用の貯金に回してもいいですね!

\92万円も高くなった方も!/

スポンサーリンク
車関連広告



シェアしてもらえると嬉しいです(^^)/

フォローする