【モテる車】クラウンが女子ウケするようになった理由を徹底解説

イラスト

「いつかはクラウン」というキャッチコピーがありましたが、既に知らない人の方が多いでしょう。このキャッチコピーは高級車としてクラウンが扱われていたことを象徴しています。

 

高級車だから昔からモテる車であったかというと、そんなことはありませんでした。知っている人はオッサン車のイメージがあるのではないでしょうか。

 

しかし、クラウンは生まれ変わり若者ウケ、女子ウケする車へと進化したのです。今回はクラウンがモテる車になった理由について解説していきます。

モテる車としてクラウンが女子ウケするようになった理由

クラウンエクステリア
出典:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

スポーティー

クラウンが女子ウケするようになったのは、ルックスを低くワイドにしたのが理由のひとつ。全高が低くなったことでスポーティーさが強調されるようになったのです。

 

全高を低くし伸びやかなデザインに寄せることで、クーペのようなスタイリッシュな印象を与えてくれます。全高が低くなっても全長を長くすることで、車内空間の快適性を確保しています。

 

乗りやすい

TNGA FRプラットフォームを採用し重心高と前後重量配分を最適化して操縦安定性を高めています。

エンジンや乗員のスペースを低位置化することで、重心位置を下げています。

 

また前後重量配分と慣性能率を最適化したことで、旋回性能や減速・加速時の車両挙動を自然で滑らかになるように仕上げているのです。

 

こうすることによってドライバーは運転操作が楽しくなり、同乗者は快適で安心して乗っていられるようになります。

またドライバー視点で言えば最小回転半径が5.3mとセダン車にしては小回りが利く日本の道路事情に配慮した取り回しの良さとなっているのです。

 

運転に自信がなくともクラウンなら容易に乗り回すことができると言えるでしょう。

 

ハイブリッド仕様車には、ばね上制振制御が施されています。路面の起伏に応じて、モータートルクをリアルタイム制御することによって車体が上下に揺れることを抑えているのです。この機能によって、高品質な乗り心地を実現しています。

クラウン・スーパーライブサウンドシステム

クラウンは車内の静粛性にもこだわりを持って作られています。広範囲に防音材を最適に配置し、新ウレタン素材フードサイレンサーを採用しています。またドアミラーが原因で不快な風切り音がしないように、ドアミラーの形状も最適化しているのです。

 

さらにエンジンこもり音をスピーカーからの制御音で打ち消す「アクティブノイズコントロール」を全車に採用しています。このようにクラウンは静粛性を追求されて作られたのです。

 

この静かな車内があれば二人の会話がしっかりとできるでしょう。また大好きな音楽を楽しむには最適の空間。高音質で豊かな音響空間を再現すべく、クラウンは「クラウン・スーパーライブサウンドシステム」として10スピーカー/8chオーディオアンプが全車で標準装備となっています。

 

高性能な音響システムを積んだクラウンの車内で女子の好きな音楽を流せば、きっと好印象を残せるでしょう。



生まれ変わったクラウンは女子ウケ抜群!!

クラウンリア
出典:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

クラウンが女子ウケするのは、スポーティーさに溢れるデザインでありつつも、快適性が損なわれない機能性の高さにあります。

 

走り心地は決してスポーツカーのように硬くありません。ハイブリッド車には車体の上下の揺れを抑える機能も付いているのです。

 

また車内がとても静かですので、二人のドライブデートで会話をしっかりと楽しめます。さらに音響システムは標準で10スピーカーを備えているので、高音質の音楽をしっかりと楽しめるのです。

 

クラウンはもはやオッサン車ではありません。若者向けに設計された高級セダンだと言えるでしょう。カッコいいセダンは女子ウケも良くなっています。

モテる車としてクラウンは選択肢に十分入ってくるでしょう。

 

そのほかのモテる車はこちらから!

モテる車まとめ!

 

中古車検索はこちらからどうぞ!

ガリバー

CMもやっているような大手なので、おすすめです。