カローラスポーツがかっこいい!魅力と特徴について徹底解説!

イラスト

「カローラスポーツがかっこいい!」

と言っても多くの賛同は得られません。

カローラ三兄弟(スポーツ・セダン・ツーリング)の長男としてセダンやツーリングに先駆けて販売されたカローラスポーツは、販売後1ヶ月後は目標台数台数を大きく超える受注をしました。

 

しかし、それ以降はあまり売れているとは言いづらい状況です。人気が後発のセダンやツーリングに人気が分散している状況とも言えますね。

 

ただし売れてない=格好悪いではありません。今回はカローラスポーツの魅力と特徴について紹介していきます。

カローラスポーツがかっこいい理由はルックスにあり

カローラスポーツ外装
出典:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=from_corollasport_navi_exterior

カローラスポーツがかっこいいと感じる理由のひとつはそのルックスではないでしょうか。好きでも嫌いでもない、いわば誰にも刺さらないデザインだったのが8代目のカローラと言えます。

 

カローラはそんなイメージがついてしまい、それを払拭するために造られたのがこのカローラスポーツです。またオジサンのための車としての印象が付いてしまっており、対象の世代を若返らせる必要がありました。

 

カローラスポーツの車名の由来についてはトヨタの公式サイトで回答されています。

若々しくかっこいい、さらに、スポーティな印象を与える「カローラ」。

参照元:トヨタ お問い合わせ・よくあるご質問

このようにトヨタが意識的に若者向け、そしてスポーティーなイメージをつけるために販売したのがカローラスポーツなのです。

 

特にサイドビューを見るとスポーティーさを意識していることが分かってきます。Aピラーの角度がかなり鋭く、ルーフが低い印象を受けます。またフロント・リアから見ると、ワイドさに気づくでしょう。

 

ロー&ワイドのスタイリングはスポーツカーとしての印象を強めてくれます。また低扁平の18インチタイヤもスポーティーさを主張しており、格好良さにプラスの影響を与えています。

リアビューで気になるのはリアウィングの存在です。これがかっこいいと思うかどうかは個人の意見が分かれるでしょう。また全体的にゴツゴツしたデザインなので、ロボット風に感じられるので、好き嫌いが分かれそうです。

 

続いてルックス以外のカローラスポーツの魅力と特徴を紹介していきます。

スマホとつながるディスプレイオーディオ

カローラースポーツ内装
出典:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=from_corollasport_navi_exterior

iphoneと連動すれば走行中でもステアリングについているトークボタンを長押しすることで、Siriを起動させることができます。

 

スマホのナビと連動もできますし、あらかじめ設定した目的地の同期も可能です。

 

ミュージックも音声操作が可能なので運転中の選曲もできます。Android端末にも対応しており、今後も対応アプリは増えていく予定なので利便性は向上していくと予想できます。

運転支援機能・装備

カローラスポーツリア
出典:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=from_corollasport_navi_exterior

運転に必要なインフォメーションをウィンドシールドガラスの視野内に映します。車速のほかにナビと連携してルートの表示をするなど情報が表示されます。

 

夜間やトンネル内でないと見づらいと思われがちですが、高輝度表示をすることで日中でも高い視認性を確保しています。

 

またスピードメーターは高精細の大型7.0インチTFTカラー液晶画面を採用しています。ディスプレイ表示なので、アナログ表示だけではなく、デジタル表示にも切り替えが可能です。

 

スマホを置くだけで充電できる『おくだけ充電』機能がカローラスポーツにはあります。ワイヤレス充電の規格Qi(チー)に対応した機器、Qiに対応したアクセサリーを装着した機器で充電ができるのです。

 

フロントコーンソールトレイの中の充電エリアに置くだけで簡単に充電できる機能なので、対応機種を持っている人はオプションで着けてもいいかもしれませんね。

 

冬のドライブも快適に過ごせるオプションも用意されています。ステアリングヒーターとシートヒーターが装着可能です。シートヒーターは運転席と助手席に取り付けられます。肩や腰、下肢を温められます。シートヒータースイッチはHiとLoの切り替えができるので、夏場に助手席の人だけ寒い場合に活用してみてください。

 

走行性能

カローラスポーツ走行
出典:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=from_corollasport_navi_exterior

カローラスポーツで高い評判を得ているのが走行性能です。どんな路面やコーナリング状況でも対応できるように作り込まれたサスペンションが好評となっています。

 

フロントはマクファーソンストラット式、リアはダブルウィッシュボーン式を採用。コーナリング時のボディの傾きを抑制する動きを高めて、操縦安定性・緊急回避性能を実現しています。

 

またアーム類の配置を低k生花することで路面を捉えることで安定性と応答性を高い領域で実現。さらにメーカーオプションとなりますが、AVS(Adaptive Variable Suspension system)によってショックアブソーバーを4輪独立して制御することで、乗り心地の向上と安定性がさらに高められています。

他にもドライブモードが選択できるため、自分の気分に合わせたセッテイングが可能となっています。全車3段階の設定は標準装備となっています。メーカーオプションでHYBRID GZではAVSとセットで5段階にすることもできます。

 

6速MT仕様でもスムーズな走行を楽しめるようにカローラスポーツではiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)が採用されています。ドライブモードでSPORTモードを選択するとiMTがスタンバイ状態になるのです。

 

このときにクラッチ操作やシフト操作を感知すると、変速後のエンジン回転数に自動で合わせてくれます。つまり、ヒール&トーやブリッピングの操作が不要です。

 

ドライブモードをSPORTモードにしていなくとも、発進アシスト機能が常に作動します。発進時に自動でエンジン出力をわずかに揚げくれるのでエンストしません。久しぶりにミッション車を運転する人にはありがたい機能ですね。

 

ただ残念な点はエンジンとの評価が多くなっています。これだけ素晴らしい足回りとミッションを備えているのに、6速MTは1.2L仕様しかラインナップされていません。CVTには1.8Lを搭載しているにも関わらず、6MTには1.2Lしかないのです。

 

GR仕様も発表されましたがラインナップされるのはCVTのみとなっています。上り勾配ではパワー不足を感じるとの評価が多数出ています。下り勾配ではその足回りの性能の良さから気持ちよく曲がってくれると高評価です。

 

サーキットインプレッションをした感想でも、足回りは高評価されています。コーナーを攻め込んでも『足回りが優秀なので攻め込んでいる感覚がしてこない』といった感想や『わざと縁石に乗り上げてもほとんど衝撃がない』と好評です。

カローラスポーツをかっこよく乗りこなそう

カローラスポーツ
出典:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=from_corollasport_navi_exterior

カローラスポーツは最近のオートマ車だらけである市場に対して、果敢に攻め込んだ車だと言えるでしょう。

 

ロー&ワイドのスタイリングはスポーティーさを主張しており、ユーザーの心を捉えています。その証拠に販売から1ヶ月で月販目標台数の4倍近い数を受注する実績を出しています。

 

TNGAを採用したことによるその運動性能の高さはスポーツカーとして高い能力を発揮していると言えるでしょう。また最新の技術をふんだんに盛り込んだ最新式ミッション車であることから、久しぶりにミッション車を運転する人にも安心な一台となっています。

 

トヨタの販売戦略も若い人に買って欲しいとの想いが、カローラスポーツには溢れているように感じられます。写真で見てもイマイチカッコいいと思えない人は一度販売店に足を運んで、実車を確認してみてください。

 

写真とは違った印象を受けるかもしれませんよ。

 

中古車検索はこちらからどうぞ!

ガリバー

CMもやっているような大手なので、おすすめです。

45秒で完了。愛車売却で最大92万得する方法【やらないと損します】

最近、偶然見つけたんですが…

「車を買い替えたい」と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます。

だって、たった45秒で査定依頼→最大92万円もお得になった例があるんですよ?

ディーラーで下取りすると大損します。

 

僕も実際、過去に数十万損してきた人間です…

 

あなたにはそんな思いしてほしくないです。

 

そんな思いをしないで済む方法は、一括査定です。

一括査定を使うと、複数の大手買取店が値段をつけてくれます。

一括査定なので、各社が勝手に競ってくれて、査定額も高くなります

 

その証拠として、一括査定を実施した人は平均で18万円も得したというデータがあるんです。

※かんたん車査定ガイドで複数社査定された方の、査定最高額と下取り価格の差額平均額を算出
(アンケートより 2018年12月回答118件)

 

近所の買取店1社に依頼するのと、大手買取店10社に依頼するのとで差が出るのは当然といえば当然ですよね(´∀`)

自分で近所の10社に見積もりを取りに行くとかなり負担ですが、ネットで一括査定依頼をすれば、買取店が来てくれたりするのでかなり楽チンです。

 

また依頼方法も、スマホで45秒くらい打ち込むだけ。かんたんです。

 

もちろん、どこの買取店でもいい価格が出なかったとか、やっぱり売る気なくなったとか、そんな場合は売らなくてもOKです(^^)

無料で査定できて、売らなくてもOK。

とりあえずやっておかないと損ですね!

 

むしろやらない理由がないです。

 

愛車を高く売って、オプション追加してもいいし、カスタムするのもよし。

旅行用の貯金に回してもいいですね!

\92万円も高くなった方も!/